バナー

合宿免許の代金の内訳とは

合宿免許の代金というのは、主催しているドライビングスクールによっても、地域によっても、また季節によっても金額が異なるものですが、おおむね20万円、30万円といった金額は必要となってくるものです。

この合宿免許の代金に何が含まれているのかですが、まずは学科教習や技能教習を行うにあたっての施設の運営経費、教官の人件費などといったものは、もちろん普通に自宅からドライビングスクールに通学する場合と同様に含まれていますし、その意味では学科教習のテキスト代や、仮免許試験や卒業検定などの受験料といったものも同類といえます。



そのほか、合宿免許に特有のものとしては、期間中に宿泊することになるホテルや寄宿舎、旅館などの宿泊費、毎日の食事代などがあります。
合宿免許の食事に関しては、トータルの金額を安くしているプランでは、自炊で対応するために支給しないこともあるようです。その場合には、現地のスーパーなどで食料を調達して、室内のミニキッチンのようなところで料理をするか、あるいは近くのレストランなどで外食をすることになります。


また、合宿免許の集合場所が自宅から遠い場合については、その分の電車や飛行機などの交通費が発生しますが、これはいったんは受講する本人が負担して切符を購入するものの、卒業のときにあわせて、ドライビングスクールのほうから精算してもらえる場合が多いようです。



つまり、交通費に関しては、代金に含まれているというよりも、ドライビングスクールのほうが全額負担をしていて、往路については本人の立て替え払いになると考えておけばよいでしょう。

免許合宿に関する情報をご案内します。