債務整理について知ろう

過払いの詳細を調べる

債務整理は、自己破産や個人再生、特定調停、任意整理など様々な種類がありますが、総じて現状の借金と支払いの状況を整理して、現時点よりも生活を楽にするための手段です。
どのような債務整理をするかは、その人の借入れ状況や家庭の事情などによって異なりますので、一概にこれということはできません。

どういった方法がいいのかが判断できない人は、弁護士や司法書士などの専門家に相談して、方針と債務整理後の具体的な生活の展望について話をします。

現在は過払い訴訟などで専門家の顧客獲得が加熱している側面もあり、無料で相談を行っているところが多くある反面、受任件数が多いため債務整理後の生活状況までは相談が及ばず、依頼してから長いこと手続きが進行しなかったり、依頼者が納得いかない方針を提示されることもあります。

過払いについて相談する

債務整理は一度手続きをしたら、過払い金が返ってきたり、利息の引きなおしで完済になるような案件でない限りは何年間も返済を続けなければなりません。なかには成功報酬が高額で、過払い金だけでは支払いきれず、持ち出しをしなければならないケースもあります。

また、破産手続きは一度行ったら数年間は再度手続きをとることはできず、ローンを組めなくなると言ったリスクもあります。

個人再生は借金を減額することができますが、住宅ローンについては全額支払わなければなりません。
それぞれに一長一短の手続きですので、相談料や着手金の金額だけにとらわれず、相談者の問題点をきちんと把握して、一緒に家計の試算をしたり、債務整理後の生活費をチェックしたりしてくれるような専門家に依頼しましょう。

また、相談料や着手金が無料でも、成功報酬が高額な場合もありますので、専門家に支払う総額についてもきちんと説明を受けましょう。

そして、専門的なアドバイスはアドバイスとして聞き、最終的には自分でどのような債務整理手続きをとりたいのかをきちんと考え、納得してから進めるのが1番です。

«   前へ   ││   次へ   »